2018.10.24

第10話 冷蔵庫の奥にあるものまでセレブ


※1〜9話はArche+誌上にて好評連載していました
貧乏セレブ

1. お母様が夕食を作っている最中のこと。冷蔵庫の中にあるお肉を取るように指令を受けました


貧乏セレブ

2.奥に隠れていたお肉を発見


貧乏セレブ

3.そのお肉は、TVでしか見たことないような霜降りバッチリの、見るからに高価そうなステーキ牛じゃないですか!?


貧乏セレブ

4.こんな高級なお肉、実際に触れたことも見たことも食べたこともない(汗。ましてや家の冷蔵庫の奥にそんなお肉が保管されていることも、それを家庭料理で使ってしまうことも、全てがイレギュラーすぎる……。


フッツー:「え!? これ使うんですか!?」
お母様:「うん。ダメ?」

フッツーの家庭なら、こんなスゴイお肉を買うとしたら何かのお祝いなど本当に特別な日のためのご馳走にいただく、とかです。そして、買ったら買ったで即調理・即ステーキというのがお決まりなのですが、今日は普通の日だし、ステーキを作る素振りもないお母様。果たして、今日の夕食には何の料理が登場するのだろう……?

そして、その夜。食卓に出てきたお料理は、なんとそのお肉が切り刻まれた「野菜炒め」でした……!!!!
もちろん、そりゃあ美味しかったですよ! でも、でも、あのお肉本来の味をちょっとでいいから味わってみたかった…な…。

いやあ、お肉の使い方もセレブですね(笑)。


フッツー
作者 フッツー
普通家族出身のフッツーが、あり得ないほどの日本人セレブ家族のひとり娘とバンコクで出会い結婚。奥さん家族のまばゆいほどのセレブライフに、フッツーは毎度驚きと目眩を起こしながら生活している。