1. HOME
  2. グルメ
  3. カフェ
  4. 旅で恋したお茶の魅力を広めたい。サイアムスクエアの隠れ家カフェ「Tea ‘O’ Holic」
カフェ
matchakakigori

旅で恋したお茶の魅力を広めたい。サイアムスクエアの隠れ家カフェ「Tea ‘O’ Holic」

カフェ, グルメ

92

サイアムスクエアにありながら大人がリラックスできる静かなカフェ

日本で例えるなら原宿や渋谷のような、バンコクの流行発信スポット・サイアムスクエア。若者が多く集まるこのエリアには、おしゃれでかわいい洋服がずらりと並ぶ洋服屋さん、安くておいしいレストランや食堂、思わず写真を撮りたくなるようなSNS映えするようなドリンクやスイーツで人気のカフェなどが、ぎっしりと詰まっています。

というわけで、タイ人の若者だけでなく世界各地から観光客が多く訪れるサイアムスクエアは、静かにのんびりできるような場所はあまりありません。

そんな中、今年2月、サイアムスクエアソイ2にオープンしたカフェ「Tea ‘O’ Holic(ティーオーホリック)」は、大人がリラックスして過ごせる穴場の隠れ家カフェとして、密かな話題を呼んでいます。

teaoholic
サイアムスクエアソイ2に佇む隠れ家カフェ


旅する中で出会ったお茶のおいしさを伝えたい

1階がドリンクスタンド、2階がカフェスペースとなっている「Tea ‘O’ Holic」。日本、韓国、台湾、シンガポール、そしてタイ。アジア各地を旅する中で出会った各地のお茶のおいしさに感動したタイ人女性オーナーBewさんが、「お茶のおいしさを気軽に楽しんでほしい」とオープンしました。

日本の抹茶やほうじ茶、台湾のボバミルクティー(タピオカミルクティー)、そしてタイティー……。様々なお茶をベースにしたクリエイティブなドリンク、スイーツはどれもクオリティーが高いものばかり。

それもそのはず、現在、飲食コンサルタントとして活躍している元ペストリーシェフが監修し、繊細な味に仕上げているからなのです。

teaoholic02


柚子風味が効いた抹茶ソーダは、日本で食べたパンがヒントに

「抹茶ラテ」「ほうじ茶ラテ」「ボバミルクティー」などのお茶系、ソーダ系と各種揃ったドリンクには、ボバ(タピオカ)のトッピングもOK。宇治から取り寄せているという抹茶とほうじ茶はその場で茶器を使ってお茶を立てるところからスタートし、ボバは大小2つを用意しているというこだわりよう。この手間ひまがおいしさの秘密なのです。

ラテ系よりもさっぱりしたものが飲みたいという時は、発売以来ベストセラーになっているという大人気ドリンク「抹茶柚子」がオススメ。宇治抹茶に柚子ジャムを加えてソーダで割った、今までにありそうでなかった斬新な和風ソーダで、抹茶の苦味と柚子のさわやかな風味がクセになるおいしさです。「日本で食べた抹茶と柚子ジャムが乗ったパンからインスピレーションを受けて作ったんですよ」と、Bewさん。

matchayuzu
意外なおいしさがクセになる「抹茶柚子」(105バーツ)と「アールグレイラテ」(80バーツ)。ボバ(タピオカ)のトッピングもできます


甘さ控えめレベルの高いスイーツメニュー

スイーツのおすすめは「かき氷」。お茶系のかき氷は、抹茶、ほうじ茶、タイティーの3種を用意していますが、中でも人気が高いのはやはり抹茶。高くそびえる氷に鮮やかなグリーンが美しい抹茶ソースをたっぷりと掛け、手作りのあんこともちもちの白玉をトッピング。さらに氷の上にはクリーミーなホイップをたっぷり乗せて、仕上げに抹茶のパウダーと玄米を揚げたあられをパラパラとあしらった見た目にも雅な一品です。

口に入れたとたん、まるで雪のようにほわほわ〜…っと一瞬のうちに溶けていくふわふわの氷。ほのかな甘味を感じるまろやかな氷の正体は、韓国風かき氷・パッピンスや台湾風かき氷でよく見られる、ミルクを凍らせて削ったミルク氷でした。そして、ミルク氷の下から出てきたのは、わらび餅をイメージして作ったという弾力のある黒糖ゼリー。とことん凝っています。

しかも、甘さを控えめにしてヘルシーに仕上げている点は女性には嬉しいポイント。もっと抹茶の味を濃くしたいという時は、別添えの抹茶ソースをプラスして、好みの味に調整してみましょう。

matchakakigori
宇治抹茶を使用した「抹茶かき氷」(200バーツ)

スイーツのもうひとつのおすすめは「ソルテッドキャラメルフレンチトースト」。厚みのあるトーストの中はしっとり。そこへほんのり塩気のある塩キャラメルソースが絡まっています。トッピングされているキャラメライズされたバナナとコクのある北海道アイスとの相性は抜群! ボリュームはありますが、きっとぺろりと平らげられてしまうはずです。

soltedcaramelfrenchtoast
ボリュームたっぷりのフレンチトースト「ソルテッドキャラメルフレンチトースト」(180バーツ)


シックでお洒落なインテリアも注目

インテリアコンサルタントでもあるBewさんが手がけた内装は、スモーキーなパステルカラーがシックで素敵。賑やかなサイアムスクエアとは思えない静かな空間の中で、のんびりティータイムを楽しでみてはいかが?

teaohoic03
エリアによって印象が違うインテリアは、まさにSNS映え
Tea ‘O’ Holic(ティーオーホリック)
TEL066-141-4919
住所Siam Square Soi 2
営業時間11:30〜
定休日なし
URLhttps://www.facebook.com/teaoholic/
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。